大学受験で合格したい方!効率のいい勉強法はコチラ!

大学受験で合格したいアナタ!こちでは、効率のいい勉強法や知っておくべきことなどを紹介しています。

家庭での学習のコツやポイントについて!




国公立大学を目指す場合の家庭での学習のコツ、ポイントについて、お話します。

国公立大学の受験勉強は、広く浅くまんべんなくというのが基本となります。

そのため、ペース配分が何よりも大切になるでしょう。

入試に間に合わず、手付かずにおちいったところがないように、計画的に学習を進める必要があるのです。

また、得意科目の強化よりも、苦手な科目の点数をいかに上げて、自分の弱点をなくすかが重要になります。

例えば、国語が得意で数学が苦手であれば、数学に割り当てる時間を多くしなければなりません。

自分一人では、苦手教科の克服が難しいようなら、予備校や家庭教師などに苦手教科だけサポートしてもらうというのもオススメです。

そして、学習にたいするモチベーションを保つために、最初に苦手な科目を勉強して、集中力(注意欠陥・多動性障害である場合、集中力を維持するのが難しいといわれています)が途切れがちな後半に得意科目を学習するなどの工夫も大切でしょう。

受験までの学習計画を月ごと、一週間ごと、一日ごとに立てて、なるべく計画的に学習を進めることも重要だといわれています。

もちろん、模試の結果などを受けて、時にはその学習計画(何かの試験を受ける際、もしくは、知識を習得する際に、何をいつまでにどうやって学習するか、事前に立てる計画をいいます)を見直す必要も出てくるはずです。

でも、学習計画を立てないで漠然と勉強するのと、自分でペース配分やノルマをしっかりと決めて学習するためは、学習の成果も全く違ってきます。

また、質の良い睡眠を寝不足にならないようにとるということも、学習したことを脳に定着するためには必要であることです。

それに、一度覚えたことを忘れないために、定期的に復習(どちらか片方しかできないのであれね、予習よりも復習を行うべきです)を行って反復して学習することも大切です。












いい大学の方が公務員になるには有利なの?




いい大学の方が公務員になるには有利なんでしょうか?

公務員になるためには、公務員試験(国家公務員試験、地方公務員試験に分かれている他、職種によっても畭なる試験が実施されます)に受かった後で、「採用」されなくてはいけません。

公務員試験に合格する=公務員になれるというわけではないのです。

特に、最近では、面接による人物重視の採用が行われているといわれています。

受験した公務員試験にもよりますが、合格率の低い試験であるほど、いい大学を卒業していた方が有利だというのは否めないでしょう。

大学による派閥がある、大学により合格枠があるなんていうケースも、よくいわれていることです。

ただ、地方公務員を目指すのであれば、その地方の大学を出ていた方が、面接官の印象が良くなるはずです。

採用されたとしたら何をしたいかなど、その土地で生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)したことがある分、自己アピールもしやすいでしょう。

また、公務員になりたけれね、必ずしも大学を出ている必要はないので、大学へは進学せず、公務員試験対策が行える専門学校などに通い、年齢が若いうちに受験する方が、受験可能な回数が増えます。

公務員になってからの賃金や出世を考えると、大学を卒業しておいた方がいいかもしれませんが、それも公務員(不況になれねなるほど、希望者が増加します)になれたらの話です。

そもそも、公務員試験に合格出来なかったり、採用されなければ、大学に通っていた四年間の分の受験チャンスをふいにしたということになってしまいます。

それに、もし、将来、公務員試験を受けるつもりで大学に進学するのであれば、私立大学ではなく、国公立大学(国立大学法人、地方公共団体、公立大学法人などが設置、運営しています)にした方がいいでしょう。

公務員試験(国家公務員試験、地方公務員試験に分かれている他、職種によっても畭なる試験が実施されます)の教養問題は出題範囲が広いので、受験科目が限定されている私立大学の入試勉強よりも、出題科目の多い国公立大学の受験勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)を選んでおく方がいいのですね。











<PR>
大学受験のコツ!大学受験で合格するには?
高校生の不登校・ひきこもり対策!

国立大学の入学金や入ると掛かるお金について!

大学に合格すると、さまざまなお金がかかります。 国立大学の場合では、私立大学より随分安くなっていますが、それでも割とな金額がかかってしまいます。 まず、入学するためには、入学金が必要になります。 以前は、国立大学の入学金や授業料は一律に定められていましたが、2004年から各大学である程度は自由に定められるようになりました。 ただ、それでも私立大学と比較すれば、随分安く設定されています。 とはいえ、医科大学では一般の国立大学のおよそ7倍以上が卒業までに掛かります(特定の条件の元では入学金と授業料以外は免除されます)。 逆に、気象大学や海上保安大学のように学費が無料の大学があったり、防衛大学や航空保安大学のように給与まで出る大学もあると思います。 そのような特殊な大学は置いておいて、一般的な国立大学では、どの程度のお金がかかるでしょう。 まず、入学金はだいたい30万円前後です。 そして、授業料が年間おおよそ50〜60万円くらいなので、入学時にはその半分である初年度前期分の授業料として、約三十万円をほぼ同時に収めなければなりません。 また、教科書(国や地方でそれぞれ畭なるものを使用しています)代なども別途実費で掛かりますので、なんだかんだで4年間で300万円程度は必要になります。 もちろん、交通費や昼食代などは別途です。 ちなみに国立医大のケースですと、6年間で総額2200万円ほど掛かりますが、卒業後指定された医療機関(公的医療機関と私的医療機関があります)で10年前後働けば、入学金約30万円+授業料6年間約350万円程度+用品などの実費100万円程度以外の費用は免除されるのです。


<PR>
いびきをかかない方法!いびき改善したい方へ! 【トイック勉強法】 TOEICで点数を上げる方法!

大学?短大?就職?専門学校?どこに進むべき?




高校3年生になったら、否が応でも、進路を決めなければなりません。

沢山ある進路の中で、どのように選択したら良いのでしょう?

当然、自分の希望があるならば、その希望に合わせて決めれば良いのですが、なかなか自分の思い通りにならないというのが現実です。

不景気な世の中では、場合によっては、両親のリストラや会社の倒産で、進学を断念せざるを得ないというケースもあるかもしれません。

しかし、不景気な世の中では求人も少ないため、高卒ではほとんど求人がないという事もあります。

進路によって、それぞれ、どのようなメリットデメリット(物事には多かれ少なかれつきまとうものです)があるでしょう?

大学進学では、当然、お金がかかります。

特に、私立の場合、大変お金がかかります。

ですが、就職(就職氷河期といわれて久しい昨今では、大学を卒業しても就職浪人になってしまうことも少なくありません)する場合、少しでも有名大学を卒業していたほうが有利だという事は事実です。

短大はどうでしょう?

金銭的には大学の約半分です。

何故なら通う年数が半分なので、授業料が半分で済むからですね。

ただ、就職の際には、高卒(派生語として、高卒資格や高卒学歴といった言葉も使われています)よりは少し有利かもしれませんが、それ程大きな差があるとは言えないでしょう。

なにか特別な資格を得るための短大でなければ、あまりメリットはないと考えた方がいいでしょう。

むしろ、同じ2年通うなら、資格取得が前提の専門学校の方が就職(仕事についていない期間が長いほど、次の就職が困難になってしまいがちです)には有利です。

専門学校では、仕事に役立つ技術や知識を得られるはずですから、最近では特に人気が高まっているようです。

もちろん、高校を卒業してすぐ就職する人も沢山いることでしょうね。

技術畑で行くならば、少しでも早くから修行した方がいいという職業だってありますが、サラリーマンの場合、学歴は様々な面で低いほど不利だと言えますね。












高卒で就職するのと大卒で就職すると生涯賃金が違うの?




高卒で就職するのと大卒で就職するのとでは、その後の収入に大きく影響すると言われていますが本当なのでしょう?

残念ながら、これは本当のことなのでしょうね。

生涯賃金とは、初めて就職してから定年退職して退職金を受け取るまでの、給与・賞与・退職金など、すべてを合計した収入です。

もちろん、同じ大卒でも、超エリートと三流大学出身の平凡サラリーマンでは大きな差があります。

それに、就職先の会社の規模によっては差がよくあるのです。

ですが、ここでは、厚生労働省による単純な大卒・高卒の平均一生賃金調査結果で考えていきます。

すると、大卒の生涯賃金の平均が3.153億円なのに対して、大卒より4年間余分に働いた高卒の生涯賃金の平均は2.493億円で、その差は6600万円になります。

当たり前のことですが、色々な考え方があると思います。

なんと言っても、大学に行くのには多額のお金が必要になります。

それに対して、就職すれば逆にお金が入ってくるのですから、生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)が苦しい場合には親としても助かると呼ねれているのです。

また、これは大雑把な平均値ですから、本当は1〜2桁高い生涯賃金の人もいれば、高卒とほとんど変りない一生涯賃金の人もいるようです。

そのため、一概に高卒の人が損とは言えませんよね。

それに、大きなお金を稼いでいる芸能人などは、学歴の低い人の人が多いのも事実です。

ですから、一概に「絶対大学に行ったほうがいい」と言えるものではありませんが、知っておくべきことだろうとは思いるはずです。












 | HOME |  »

Recent Entries

商品情報

Monthly

Categories

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Appendix

まほ9e5q

まほ9e5q

DTIブログにようこそ!